Parvum part8

ウーハッフッハーン!! ッウーン! ずっと投票してきたんですわ! せやけど!
変わらへんからーそれやったらワダヂが! 

立候補して! 文字通り! アハハーンッ! 命がけでイェーヒッフア゛ーー!!!
……ッウ、ック。サトウ記者! あなたには分からないでしょうけどね!
平々凡々とした、川西を退職して、本当に、「誰が投票しても一緒や、誰が投票しても」。
じゃあ俺がああ!! 立候補して!! この世の中を! ウグッブーン!!
ゴノ、ゴノ世のブッヒィフエエエーーーーンン!! 

ヒィェーーッフウンン!! ウゥ……ウゥ……。ア゛ーーーーーア゛ッ
ア゛ーー!!!! ゴノ! 世の! 中ガッハッハアン!! ア゛ーー世の中を! ゥ変エダイ!
その一心でええ!! ィヒーフーッハゥ。

 
生k

今回はリザーバーポンプCPUラジ(1つ目)グラボラジ(2つ目)リザーバーの順で水を循環させていきます。
(厳密には水の流れはこの通りではありませんが)
※赤字は下層部での水の流れ

それでは下層部の水路を組んで行きます(文章で説明できる気がしない)
まずはリザーバー(ケース背面に設置した)ポンプ

P1080356
リザーバーを通った水を下層部へ

P1080357
かなり入り組んだ水路になる為、わかりやすく文字を書いときました。(Pumpって書いてます)

P1080358
ケースの背面に設置したポンプに接続
続けてポンプCPUまでの水路

P1080360
クイックリリースをここで使用

P1080363
下層部を通してCPUの水路へ・・・

P1080364
接続
次は、CPUラジエーター(1つ目)

P1080365
今回使用するラジエーターはBlack Ice Nemesis 360GTS。これを2つ使用します。
水路から簡単に切り離せるようにクイックリリース使用。

P1080366
(マジで写真撮るの下手すぎる)

P1080368
下層部に設置。ちょっと横から見てみましょうか。

P1080369
思った以上に余裕がない。
入れ方によってはラジエーターが入らない場合もあるくらいです。

P1080370
クイックリリース部分はもっと余裕がない。

P1080371
ラジエーターの設置が終わったところで、早速水路を。CPUを通った水を下層部へ

P1080372
それを設置したラジエーターの片側と・・・

P1080373
接続。(CPU→#1って書いてます。#1はラジエーター1つ目を意味します)

P1080374
凄い分かり難いんですが、背面から下層部を眺めた写真です。
次は、接続してないもう片方のラジエーターグラボまで

P1080376
非常にスペースが無く組み難いので、先にグラボ側の下層部水路を作って

P1080377
ラジエーターの方にパイプを持って行き・・・

P1080379

P1080380
もう片方と接続。
ここまででリザーバーポンプCPUラジ(1つ目)グラボまで完了しています。
続いて、グラボラジエーター(2つ目)

P1080382

P1080383
先ほどまでと同じように下層部に水路を作り

P1080385
2台目のラジエーターの片側と

P1080387
ガシャン!
ラストはラジエーターリザーバー

P1080390
ラジエーターのもう片方から

P1080388
リザーバーへ繋がる上部と接続。以上で下層部の水路が完了。
 

P1080391

P1080394

P1080395

P1080397

P1080398

P1080399

P1080400

次は注水テストの後、クーラントを入れていきます。
そろそろ完成間近です。あー長かった・・・(この記事書くのが)

Categories: PC

No Comments

Post a Comment