CCIE RS 進捗5

また間が空いてしまいましたが、
2月より異動が決まっていろいろバタバタしていました。
正直この先両立してやってけるか微妙ですが、やる気、元気、井脇で頑張っていきたいです(?)
余談なのですが、一台パソコン組みました。時間のある時にまとめます。

・翻訳は43ページまで
・EIGRPのコンフィグレーションガイドを読みながら検証

***
一日一ページを目標としてましたが、これをやり続けることに疑問を持ち始めました。
何も知らない技術(今の章で言えばVSLの細かいところ)を英語で勉強しようとしてもやっぱり勘違いして理解してるんですよね
なので日本語で訳されているコンフィグレーションガイドを前もって読んでからCiscoPressを読み始める作戦に切り替えました。
もちろん、全く翻訳を辞めてしまうと今まで頑張ってきたものがパーになるので辞めはしません。

***Memo

・EIGRPの基本(自律システム、DUALを使ってる、プロトコル依存、ハロパケ5/15又は60/180)
・高信頼性(アップデート、クエリ、応答)
・無信頼(Hello、ACK)
・メトリックを片方で変えると、K値が違うってなって通信できない
・他にもEIGRPのプロセスが切れた時に受信するgoodbyメッセージ(終息を早めるために利用される)に対応してないとK値が~~って出る
・オフセットリストについて(優先したいほうじゃない方に設定、未検証)
・メトリックの計算((10,000,000/最小帯域)+(遅延/10))*256
・認証設定(set,authentication)
・ルート集約(ip summary-address eigrp 1 ~~)
・自動集約は最近のものではOFFになってる
・デフォルトルート再配布方法と、ループしないような処置(検証済み)
・bandwidthでハロパケ変えられる
・スタブ(receive-only、connected、static、summary、redistributedのすべて検証済み)

/どうでもいいけどEIGRPって一発で打てなくて、EIGROになる

No Comments

Post a Comment