Parvum part7

PC

生きてまs

(今回から写真の量が増えて文章の量が激減します、更新めんどくさい
前回の続きからです。

とりあえずサイドパネルを除いた状態で組上げました。

P1080323

P1080326

ここまで来れば前回ケースに穴を開けた理由がピンとくると思いますが、
水路の上層と下層をつなぎ合わせる為でした。つまり、今回の水路は上下をいったり来たりします。

P1080324

P1080325

水路の下層部になります。
ここにラジエータを置くことになりますが縦がmaxで90mmしかないので
さほどでかいのは入れられません。

P1080335

水路を組む前に先にメモリを付けてしまいます。
DDR3は随分と安くなりましたね。32GBでも16,000円でした。

P1080337

P1080338

いい感じ。

P1080333

今回使用するフィッティング、使いまわしも結構あります。

P1080329

P1080330

P1080331

P1080332

それでは水路を組んでいきます。
今回のコンセプトとしては上層はアクリルパイプを、下層はPVCチューブ+クイックリリースを使用していきます。
アクリルパイプについてはコチラの記事にも書いてるので説明省略。
まずは上層部を

P1080343

P1080342

P1080341

P1080345

P1080344

P1080346

P1080347

P1080348

P1080349

P1080351

P1080350

P1080352

P1080353

P1080355

P1080354

とりあえずここまで、次回は下層部をやっていきます。