Warwick part 2

Warwick part 2

1年ぶりになってしまいましたが生きております!
去年5弦を主に使って弾いていたんですが、やっぱ4弦が欲しくなりました。
なんていうかミュートめんどくさい。スラップしてるときのミュート・・・

マジでめんどくさい

と、いう訳でまたもやオーダーしました。
今回もLXをベースに仕上げてもらうことにしました。

Matched Headstock: —
Mechineheads : Warwick Machine Heads
Nut: Just-A-Nut III Brass
Neck Wood: Wenge neck, 7 laminations
Fretboard: Wenge fingerboard
Inlay: Ying Yang
Led or Fluorescent Side Dots: lluminated Side Dots
Fingerboard Radius: 20″
Scale length: 30,75″ short scale
Fret quanitiy material and size: 24 Jumbo Bronze (extra hard) frets (width: 2.9 mm / height: 1.3 mm)
Frets: IFT – Invisible Fretwork Technology
Body Shape: Curved Body shape
Bodywood (Topwood / Backwood): 1″ Birdeye Poplar / Swamp Ash
Pickups: Active MEC J/J pickups
Electronics: Active MEC 3-way electronics

Pot layout: Vol. P/P & Bal. stacked / Treble / Mid. / Bass
Switch: —
Function of switch: —
Pickguard: —
Bridge system: 2-piece solid Brass Warwick Bridge
Strap system: Warwick security locks
Construction: Bolt-On
Left / Righthand: right-handed or left-handed
Colour possibilities: Natural Stain High Polish Finish
Hardware colour: Gold
String label / String gaues: Warwick EMP strings 045″ – 105″ (38200M)
Weight: 4,1 kg

Warwickのカスタムオーダーの所にも載ってます。
Warwick Streamer LX #921

P1070804

バーズアイポプラをトップ材にしています。
これは各モデルでは採用されていないのでカスタムオーダーの特権になります。
以前と同じくPUとポットのレイアウトをstage2と同じに合わせています。
もちろんおなじみのインレイもチャージしました。
何気に一番料金かかってるのがインレイだと思います・・・

それと一番特徴的なのが、これショートスケールです。
多分大半のベーシストの皆さんは「ないわー、まじないわー」と思っているでしょう。
意外といけますよショートスケール、と言うかなんの不自由もないです。
(実は特にこだわり無く追加したとか言えない)
ちっちゃくて凄いかわいいです。